会社のNO2.とは、社長を支える存在ですが、社長の責任の陰に隠れていてはつとまりません。

社内、社外に会社の代表代行として積極的に関与していく仕事です。


私の考えているNo.2の仕事の二番目は、事業と会社の安定に責任を持つということです。


社長は会社の方針を決めてその道筋を示します。

その方針と道筋を社長と社員の間にいるNo.2が、うまく翻訳したり、状況に合わせて変化させたりしながら実行して行くことになります。


まず、事業を伸ばすということは会社の存続の第一になすべきことです。

ここを社長に任せていてはNo.2とは言えません。

資金繰も頭にいれて社長の半歩先を行き、事業の成功のためにどんどん行動することです。

そして、会社は人の集まりであり、社員に社長や会社の方針を伝えて、実際に動かし、その進捗と結果の管理をしなければいけません。

そこにNo.2の大きな役割があります。

なぜなら、社員は上の人間がやらないことは自分達もやらなくていいと思ってしまうからです。

社長は様々な仕事に機動的に動くため、なかなかルーチンワークを守ることはできません。

ですから社員のお手本はNo.2の大事な仕事になります。


このように、事業と会社の安定に責任を持って取り組むことが必要なのです。



動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらの二つももぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村

AAE75BCE-21D3-43E5-B68D-B01A3BEF29FD