中高年の方でマネージメント経験が充分にある方は、社長の右腕として活躍するポジションを狙ってみることはとても現実的です。

社長の四人に一人は右腕の存在がいないのです。

残りの四人に三人も今の右腕の存在に満足していないかもしれません。


では、No.2の仕事とは何をする仕事なのでしょうか?


皆さん、入社したら社長を支えればいいなどと簡単に考えていませんか?


私はNo.2の仕事について、次のように定義しています。


まず、絶対に必要な条件として社長とベクトルが合致することです。

社長とベクトルが合致するとは、まず、社長を尊敬できるかどうか?

次に、会社の未来の目標とその道筋や取り組み方に納得できるか?

この2点が必要です。


このどちらかではなく、二つが納得できてはじめてNo.2の具体的な仕事に入ることができます。


No.2、社長の右腕とは、社長と一心同体で会社の内外に向き合う仕事ですから、気持ちにブレが生じてはつとまりません。


ここで大事なことは、あなたがブレていなくても社長があなたがブレていると感じたらそれは関係の危機になると言うことです。

No.2は、社長とベクトルを合わせ続けることのできるバランス感覚のある方と言うことになります。


動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらの二つももぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村



1E63C168-1CE3-41E9-BE43-FA4B9F590A83