60歳からの仕事を仕事人生の第二期と考え、徹底して成果にこだわる仕事をする。

これが私の考える仕事人生の第二期です。

なぜ成果にこだわるかと言うと、第一期の高校や大学を出てからの約40年間はまだ人として、ビジネスマンとして未熟であり、無駄を繰り返していたからであり、会社や上司を向いた仕事、つまり忖度などがあったりと無駄な仕事をやっていた時期だからです。


ただし、仕事人生の教えはこの無駄な時間と作業から大部分得られるのですから、これを第一期に無くせとは思いません。

第一期は悩み苦しみ迷い、行きつ戻りつの中で生産性を上げる糸口を学んだのです。

ついに第二期が来た方は、自分のやるべきことを明確にし、過去の蓄積を活かしてスピードを上げて仕事をします。

過去40年間では何も成果と言えるものがなくても、これからの20年間で大きな成果を出せます。

ドラッカーは、60歳以降にますます生産性が上がったと言っていますが、まさにそれを目指すことです。



動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらの二つももぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村


556EA5D8-0698-40CE-8E87-4CA2636939DF