私が皆さんに伝えたいことは、60歳以降の第二の仕事人生でほんとうにやりたいことに向き合って欲しいということです。

そして、80歳までの第二期は徐々に体力や集中力が落ちていく中で、仕事の生産性を第一期より5倍から10倍を目指すのです。


生きていくことに精一杯だった第一期は仕事の効率は様々な理由で悪いのです。

しかし、その無駄とも思える効率の悪い仕事があなたのオンリーワンの価値を創るのです。

試行錯誤の連続。

失敗だらけ。

悩みと苦しみ。

そうした行きつ戻りつの生産性の悪い時間があなたを磨き上げています。

そういう意識をした方がより磨かれます。

第一期でのこれらの経験からたくさん学んだことがあるはずです。

簡単に言えばPDCAの重要性と、さらにOODAループ(ウーダ)と呼ばれる臨機応変な行動を身につけていることです。

OODAループ

Observe(観察)
Orient(適応・見定め)
Decide(決定)
Act(実行)


PDCAも決して劣るものではありませんが、ウーダループはより複雑化した現代を生き抜くことに向いています。

こうした経験を元に、いよいよ自分自身のために第二期の仕事人生に入るのが60歳からのサバイバル転職です。


動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらの二つももぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村



1AE3600A-B60D-4942-BC80-68357CFAC6F0