転職活動で必要な三種の神器は、履歴書、職歴書と履歴書に添付する写真です。

今日は証明写真についてお話しします。

どうも皆さんは、履歴書に添付する写真のことを今風に言えば「なめている」ようです。

どれだけ写真が重要かを理解している人は意外に少ないように思います。


企業の採用担当者は応募の書類を受け取るとまず写真に目が行きます。

そこで、自社の社員としてふさわしくない「なにか」を見てしまうと、おそらくそれで選考は終わります。

自社の社員としてふさわしくない「なにか」とは?

例えば、髭面、しかめっ面、ノーネクタイ、ノー上着(要するにノースーツ)などです。

しかし、これだけではありません。

全体的な写真のバランスなども大事です。


お見合い写真と思ってください。

お見合い写真が、スーツや着物を着ていてもバランスの悪い写真や、質の良くない写真、つまり精一杯美男・美女に見えないのでしたら選ばれないですよね。

履歴書に貼る写真も同じです。

最近はスマホの自撮りの写真を使っている人もいますが、何かバランスが悪くなっています。


私は、やはりせっかくの機会ですから写真館で撮影することをお薦めしています。

何度か企業へのご推薦前に写真を差し換えてもらったことがありますが、まったく見違えるほどいい写真になり、少なくとも写真で落とされることはなかったと思います。

写真の重要性をぜひ、認識していただきたいと思います。

動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらの二つももぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村


835987CB-2081-4C24-986F-C19DA392BA31