氏名、年齢、住所、学歴、会社歴を書く履歴書に対して、職務経歴書はあなたがどんな部署で何をどれだけしていたのか?を表現する書類になります。

中高年のみなさんの職務経歴は、既に社会人になって20年以上の年月を経ているので特に管理職層、幹部、経営層の方は書こうと思えば膨大な記録となります。

どのように書けばいいのでしょうか?

そして分量はどの程度がいいのでしょうか?


まず、職務経歴書の書き方ですが、一般的に今は最新の職歴から書く方が無難です。

つまり最新の職歴から過去に戻る書き方です。

採用側は当然初めのページから見ますので、最初に今やっていることをしっかり書くことで最新のスキルを強いインパクトで伝えることができます。

ですから、20年も前の入社したての職歴は割と簡単でも結構です。

企業はこの10年、または5年に何をどれだけやっていて、その実績、成果はどうなのか?を知りたいので、とにかく最近の職歴はしっかり書く必要があります。


明日はさらに具体的な書き方をお話しします。



動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらの二つももぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村

98D59E73-43EB-4F93-8773-713BD3649B3F