大企業の中堅ビジネスマンに時々見かけますが、転職活動の交渉で何かと細かく、自分主導で思い通りにならないと気がすまない方がいます。

まずは求人の条件や内容に関してです。

日本企業の特に中小企業への転職では何から何まで細かく決められていることは実はあまりありません。

中途採用そのものが珍しい会社がたくさんあります。

そもそも、求人票がきちんとしてないとか、年収も確定していないなどがあります。

何故細かく決められていないかと言うと、幹部クラスなどの外部からの採用の場合は今の人事給与制度に合わない採用もあるからです。

また、そもそもどんな人が応募してくるかが、イメージつかないからです。

社長の後継になりそうな人なのか?

マネージャークラスなのか?

一匹狼的なのか?

社長や社風との相性はどうなのか?

現在年収と希望年収はどうなのか?

など、まずは会ってみてから判断して次を決めようと言う会社が多いのです。


確かにきちんと求人を社内で決めてから進めるというのは正論です。

ワーカーレベルの採用ではこういうことはありませんが、幹部に近い採用のケースだと良くあり得ることです。

次に多いのは、企業側の採用スケジュールについてのクレームです。

「書類を応募したのに1週間経っても返事が来ない。」などでイライラする。

逆に企業が指定した面接日程をたびたび自分の都合で変更する。

こんなことが度々あると、本人も余計なストレスばかりかかるし、結果的に企業からは細かすぎて社風に合わないと断られてしまいます。

人材紹介のエージェントもやりにくさを感じて積極的に情報提供をしづらくなりますから注意してください。


動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらの二つももぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村



D272F07C-CA1D-4AF0-9BC1-3E94B48617FC