中高年の転職時の年収の考え方(そのニ)で、大企業のサラリーマンが中小企業に転職するとどのくらいの相場になるかを書きました。

実際の統計としてどうなのかと言うと、厚労省の毎月勤労統計調査では、全業種平均で大企業の約65%の給与水準となっています。

業種別に見ると、製造業が一番格差が大きく、約60%。サービス業は75%となっています。


また、中小企業の規模別に見ると、従業員100以上の企業では約80%なのに対して、30人未満の企業はなんと55%とほぼ大企業の半分の給与水準となっています。

「転職して給与を上げる」この考え方は、引く手数多の若手が金融系、コンサル系に転職する場合であって、中高年が転職する場合、特に大企業勤務で高収入の方ほどかなり減額となることを覚悟しなければなりません。

今コロナ不況になりつつあり、これから大企業もリストラが増えてくる可能性が高いと思います。そんな中、地方の中小企業の中でも、元気で人を探している企業もあります。

テレワークで地方が見直されており、ここが中高年転職の狙い目となりそうです。

給与の問題だけはどうしても避けて通れない問題と言うことを理解して望んでください。


しかし、繰り返しますが、転職の際の人材エージェントとの信頼関係を作り、レジュメと面接で求人企業に上手くアピールすることで年収は上がる可能性があります。

ただし、人材エージェントに過度のサービスを期待するのは難しいと思います。

彼等は時間を掛けて転職のアドバイスをすることで収入が上がる訳ではなく、あくまでも転職できそうな方に対してのサービスになりがちです。

なかなか、転職エージェントに関心を持ってもらえない場合は、私のようなキャリアカウンセラーに有料ですが相談してみた方がいいと思います。

お医者さんと同じで、早めに相談した方が転職活動を前向きに可能性高く進められます。

一年も無職の状態が続いて、気持ちもボロボロになる前にぜひ、相談することをお勧めします。



動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらもぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
C5D2EAE3-5B14-4BE8-A33D-6DD9AE757494