転職すると普通は試用期間が設けられています。三か月か、六かヶ月が一般的で、それ以上長い場合は当初一年間の契約社員での雇用契約も時々見かけます。
その間に勤務態度の問題があったり、期待される成果を上げない場合や、社長を含めて社員との関係がうまくいかない場合などは、場合により雇用を見直すこともあります。法定な解釈はあるものの、ダメ社員を継続して雇う会社は無いでしょう。
 
 では、中小企業の社長は優秀な社員を雇用した場合、特にどこを見ているのでしょうか?

 一つは現状の会社の状態、例えば人間関係、商品・サービスのレベルなどを受け入れて自分のものにして前向きに仕事をしているかどうかです。ここで、「あれがだめだ、これが無い、こうして欲しい」などの文句がすぐに出てくるようだと社長は成果よりも今後の人間力に不安を感じてしまいます。
 ある社長から相談を受けました。「入社して数か月の大変実績のある営業部長が、部下を全て入れ替えてくれ、と言ってきた」と言うのです。要は「こんな部下では実績が出ない。それを自分のせいにされたのでは堪らない」と言う訳です。私はその社長に「ほんとに優秀なら、今の部下で成果を出す努力を徹底的にするはずです。未来はわかりませんが、今やれることを全てやっていくのが優秀な人です」と答えました。

 さて、試用期間中に社長が見ているもう一つのこと。それは、今の私のアドバイスにも関連します。それは、社長が期待していること以上に仕事に取り組んでいるかどうかです。成果と言うのは、時の運もあります。それは社長もわかっています。むしろ、その取り組み方が社長の期待をいい意味で裏切ることです。

 つまり、継続して雇用が決まる人は、いい性格をしていて人に好かれ、仕事の本質をすぐに見極めて社長の期待以上に仕事に取り組んでいる人と言うことです。


動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらもぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
5689DA3C-FD10-46F4-AEC5-FE185B9A8BB6