自分とは何ものか?

自分は何をしたいのか?

自分は何をすべきなのか?

自分はどう生きたら幸せなのか?

過去三回で、三つの自分の再発見のヒントにつながる方法をお話ししました。

一つは、マイリレーションマトリックス。
二つ目は、願望100ワンウィーク。
三つ目は、係累からの推測。

自分の興味が広くて絞り切れないと思ってる方や、未だに何をしたいか良くわからない方がいると思います。

今回皆さんにお伝えするのは、キャリアのベーシックな考え方です。

皆さんはキャリアアンカー理論をご存知ですか?これは明確な目標を設定してそこに錨(アンカー)を打ち込んでそこに向かっていくという理論です。しかし、私はこの理論ではなく、プランドハプンスタンス理論という考え方が好きです。これは、確固たる目標でなくともおぼろげながらの目標を持ち、そこに向かって行くと目標のない人には見えない、味わえないハプニングが起きて、その目標や成功に近づくと言うものです。

したがってこの理論を広く解釈すれば、最後までやり遂げることを始めなくてもいいのです。まずは、何かを始めることで、次次と新しいことが起きていくので、そこで目標を変化させながら自分の望みに近づいて行くということです。

今までは自分には無理だと決めつけて、想像したこともないような目標でもいいので、小説家になるでも、映画俳優になるでも、なんでも自由に考えて行動を起こすことです。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらもぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


5A9E36AF-0851-4B99-B107-15A52096E558