採用側が特に注意して見るところがあります。
それは自己PRや応募理由です。

この欄は応募者の考え方や文章能力、応募の意志などが判断できる良い材料となります。

応募理由については、同じ文章でどの企業にも応募することはお勧めできません。その企業の魅力や求めることと自分のキャリアなどかどのように関連して応募の意思を持ったのかなど、企業側か納得するものかベストです。

明らかに使い回ししているような書き方では熱意や本気度が感じられません。

文章能力もかなり気をつける必要があります。
誤字脱字は言うまでもありませんが、句読点や全体の印象なども気をつけて、良い印象となるように見直して下さい。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
IMG_2821