転職コンサルタントのブログ 【海老 一宏】の「サバイバル転職道場」

転職は年代によって取り組み方がまったく異なります。ほとんどの方は、予備知識がなく転職活動に入ると思いますが、年代別の転職市場の情報収集を元に理解を深めてどのような転職活動を行うかを決める必要があります。特に40代、50代の方は一歩間違えると転職活動が長引いて望ましい転職とならない可能性があります。転職がピンチにならないよう、チャンスに変えられるようにお話していきたいと思います。

転職コンサルタントのブログ 【海老 一宏】の「サバイバル転職道場」 イメージ画像
動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/

アクティベイト「個人の転職サポートプログラムの無料説明会」を行なっております。詳しくはアクティベイト株式会社HPへ
www.activate.co.jp

キャリアアップやお仕事の相談などのキャリアカウンセリング(有料)のご相談はメールかお電話でお問い合わせください。info@activate.co.jp  03-6450-1364 (担当 星野)

更新情報

今までに6000人以上の転職者とキャリアの相談や仕事の紹介でお会いしてきました。 私は単に6000人を面接をしたのではありません。 基本は仕事の紹介を目的に、その方の過去のキャリアと未来の希望などを伺いながらその方の本音を探り、ベストな仕事のお手伝いをしてき
『勘違い野郎になるな』の画像

定年退職はもはや隠居ではありません。 定年を迎えるにあたって、第2の人生と言う意味をもう一度自分で考えてみてはいかがでしょうか? 驚くべき精度の日本地図を作成して列強の国を驚かせたことで知られている「伊能忠敬」は50歳で商売を息子に譲り、自らはかねてより
『定年退職して大活躍した人』の画像

私も60歳になり、同年代の友人や知人からちらほらと定年退職のご挨拶をいただくようになりました。 幸いにも皆さん、次なる道を見つけて(ありついて)いて、ブラブラしている人は今の所いないようです。 しかし、そういう方ばかりではありません。 あえて、過去の
『定年退職したその日にやること   名刺の作成』の画像

大学は学びの場であるが、ほんの少しでもそれぞれの道、例えば経済学ならそれを極めた人とその理論に触れる場所だ。 実学とは違い、直接役には立たなくとも、その叡智に触れる喜びに、誰しもえも言われぬ快感に浸った経験があるはずだ。それが何をもたらすかは一概に言え
『大学を目指す方へ』の画像

景気が良くなり、求人倍率も上がり、ここに来て人手不足感が強まっています。 しかし、多くの中高年は一人一人を見るとなかなか思うような求人と出会えずに苦戦していると感じます。 おそらく、これはさらに求人倍率が上がっても変わらないと思います。 企業は確か
『中高年の転職活動の心構え』の画像

定年退職して、そのまま仕事につかないと言う人は今では珍しい部類になりました。 以前の職場への再雇用もあれば、今の仕事の関連で新しい職場を紹介されて仕事をすることもあります。 しかし、やはり多いのは自ら新しい会社、仕事探しをすることでしょう。 このケ
『退職後の過ごし方』の画像

今回は私のもう一つのブログ、「活躍し続ける3%のビジネスマンを目指そう」をそのまま載せます。 運は、自分でコントロール出来ない『絶対的な運』と自分の意志や行動などが関係する『引き寄せ運』があります。 引き寄せ運は、たった一度でも幸運が来ることもあれ
『転職活動に必要な幸運の数字『100』』の画像

私達のような転職コンサルタントは、ご相談にこられた方に出来る限りのご支援をしたいと思っています。 それが私達の仕事ですから。 しかし、ご支援が難しいと感じる方がいます。 転職歴が多過ぎて企業が書類を通してくれないとか、希望年収が高過ぎるなどという経
『中高年で転職出来ない人のある共通点』の画像

人は締め切りと報酬と欲望でやる気を出して仕事をしています。 ここに、他者からの評価や叱責が加わる人は厳しようですが心の弱い人で、成功には遠い人です。 「私は褒められて伸びるタイプです!」などと言う人も同様です。 なぜなら、自らは何も生み出さず、常
『◾️仕事を意欲的にする原動力』の画像

本人希望欄がある場合はかなり注意が必要で、私達エージェントも特に気をつけています。 一番問題になるのが、希望年収やお休み、通勤時間などです。 応募者個人個人によってアドバイスは変わりますが、 先方が求めている条件とかけ離れていた場合はこの時点でNGとな
『◾️履歴書の書き方の基本  その11』の画像

趣味を書く欄がある場合があります。ここは普通は合否にはあまり関係しないと思われがちですが、過去数回ここの記載で不採用となったことがあります。 自分では良かれと思って書いたことが、企業側からは不採用にも判断されてしまうこと。 それは、採用企業の業種や募
『◾️履歴書の書き方の基本  その10』の画像

採用側が特に注意して見るところがあります。 それは自己PRや応募理由です。 この欄は応募者の考え方や文章能力、応募の意志などが判断できる良い材料となります。 応募理由については、同じ文章でどの企業にも応募することはお勧めできません。その企業の魅力や求め
『◾️履歴書の書き方の基本  その9』の画像

履歴書にある資格欄の書き方にも注意が必要です。 なんとなくたくさん資格があるとスキルが高いと思われがちですが、例えは工場の労働者の場合は確かに玉掛けや溶接、クレーンなどの資格が必要とされることがあり、中には10以上もの資格を列記している方もおります。 し
『◾️履歴書の書き方の基本  その8』の画像

履歴書に記載する学歴や職歴や資格を誤魔化している方が時々いるようです。有名なテレビのコメンテーターが学歴を偽っていたことで画面から姿を消したことがありましたね。採用企業もこの点に神経を尖らせています。 人事がネットで調べるのは普通のことで、卒業証明書や
『◾️履歴書の書き方の基本  その7』の画像

会社の履歴の書き方は経歴によりかなり違ってきますし、アドバイスも難しいところです。 転職歴のない方はシンプルになりますし、何度も天職をしている方は書き方によっては実際の転職回数よりも多く見えてしまうこともあります。 採用側は一般的には転職回数が多い人
『◾️履歴書の書き方の基本  その6』の画像

履歴書は学歴をまず記入します。転職の場合は学歴は高校から書くのが普通です。時々小中学校から書いている人がいますが、精神的に幼稚に感じられるので書かないのが無難です。 気を付けるポイントは大学です。入学と卒業の年月日を間違えないことと、大学名は正確に書く
『◾️履歴書の書き方の基本  その5』の画像

最近は履歴書をデータで送るのが普通です。ですから右側にある顔写真はデータを取り込んで添付しています。 証明写真。「たかが写真とあなどることなかれ!」です。貴方の雰囲気を文字情報以上に如実に表しているのです。 ですからただ証明写真を撮れはいいものではあ
『◾️履歴書の書き方の基本  その4』の画像

前回のアドバイスで、過去の履歴書の使い回しで、年齢の記入ミスのお話をしましたが、同じようにミスが多いのが、履歴書の右肩にある作成日の記入ミスです。 これは年齢のミスよりはるかに多いので皆さん注意が必要です。 二年前、三年前の年月日そのままで提出したら
『◾️履歴書の書き方の基本 その3』の画像

履歴書を受け取って、最も印象が悪いことは、生年月日と年齢の間違いです。 そんな基本的なことを間違える人は滅多にないと思うでしょう?ところが中高年の履歴書を見ると10人に一人、いやもっと多いかもしれません。 自分の年齢を間違えるなんて普通ありえませんが、
『◾️履歴書の書き方の基本  その2』の画像

転職活動の必須アイテムは履歴書と職務経歴書です。 人材紹介会社のエージェントはどこを見ているのでしょうか? 履歴書の吟味の前にまず、エージェントが気になることがあります。 まず、基本中の基本。履歴書のファイルを添付してメールでエージェントや企業に送
『◾️履歴書の書き方の基本  その1』の画像

転職活動の面接は、山登りに例えるなら五合目から頂上を目指す険しい登り道のような状況です。 面接では、良く、想定される質問に上手く答えようと、想定問答集を用意して覚えたりしている方がいますが、私はお薦めしません。 その理由は、会話がぎこちなくなるからで
『▪️転職の面接の要点』の画像

皆さん、こんばんは! もう少しで今年も終わりです。 来年は酉年。 実は私は来年年男で還暦なんです。 皆さまにとりましてもどんどんと羽ばたく年になりますように願っております。 なかなかブログも書けず、ご期待に応えられない年末となりましたが、来年もど
『■年末のご挨拶』の画像

福島県プロ人材拠点主催のセミナーが昨日郡山、今日会津若松で開催され、講師を務めました。参加人数は両会場とも30人ほどでしたが、皆さん熱心に聞いていました。福島県プロ人材拠点は3人成約していますが、当社が内1名を決めています。 来月の6日はいわき市で行います
『■福島県プロ人材拠点セミナー、郡山、会津若松報告。』の画像

福島県プロフェッショナル人材戦略拠点主催の企業経営者向けのセミナーが来週の24日木曜日に郡山、25日に会津若松、12月6日火曜日はいわき市で開催されます。今回も講師を務めます。事前申し込みでどなたでも経営者以外の方も参加可能です。 ぜひお越しください。! ア
『■企業経営者向け、福島県プロ人材セミナー情報』の画像

設備関係の公共工事などを手がける企業からの求人です。 本業は歴史もあり組織売上とも問題はありません。 現社長は60代前半。街づくりなど新しい分野での事業を模索しています。 当面新規事業の推進役として社長と二人三脚で企画から実務への落とし込みまで担えるよ
『■仙台の中堅企業が社長後継者を探しています。』の画像

皆さん、おはようございます。 昨日山形市のキャッスルホテルで山形県プロフェッショナル人材戦略拠点主催のセミナーで「地方創生の人材戦略」と題して90分の講演を致しました。 内容は ・地方創生のプロフェッショナル人材戦略の主旨 ・人材ビジネスの概要 ・プロ
『■山形県プロ人材セミナー報告』の画像

昨日内幸町にて内閣府地方創生事業の一環のプロフェッショナル人材戦略の「テーマ別勉強会」に人材紹介会社としての現状報告と意見発表の機会をいただき、参加してきました。 この事業は各県でのセミナー開催、全国シンポジウムの開催や日経新聞への記事掲載などで徐々に
『■内閣府プロフェッショナル人材戦略勉強会』の画像

みなさんこんにちは! 私の三冊目の著書「会社に『残れる人』と『捨てらる人』の習慣」が一部の書店で販売が開始されました! 4年後、あなたは会社から必要とされているでしょうか? この本は厳しい会社生活、あるいはぬるま湯の会社生活を送っている全てのビジネス
『■海老一宏新刊「会社に『残れる人』と『残れる人』の習慣」』の画像

本日、東京半蔵門で内閣府主催の「プロフェッショナル人材戦略シンポジウム」へ午後から参加しています。 内閣府村上参事官、慶應大学特任教授の高橋俊介氏、のセミナーに続き、人材を採用して有効活用している企業経営者と転職した方のパネルディスカッションを行ってい
『■プロフェッショナル人材戦略シンポジウム』の画像

皆さん、少しご無沙汰していました。 実は今月の末に私の三冊目の本の締め切りがあり、先月から集中していました。 約半年かかりました。 10月に出版予定ですので、別途お知らせします。 先週、今週と某大手グローバル企業からの依頼で役職定年者向けに転職について
『◼︎大手グローバル企業で役職定年者向けセミナー実施』の画像

↑このページのトップヘ