転職コンサルタントのブログ 【海老 一宏】の「サバイバル転職道場」

転職は年代によって取り組み方がまったく異なります。ほとんどの方は、予備知識がなく転職活動に入ると思いますが、年代別の転職市場の情報収集を元に理解を深めてどのような転職活動を行うかを決める必要があります。特に40代、50代の方は一歩間違えると転職活動が長引いて望ましい転職とならない可能性があります。転職がピンチにならないよう、チャンスに変えられるようにお話していきたいと思います。

転職コンサルタントのブログ 【海老 一宏】の「サバイバル転職道場」 イメージ画像
動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/

アクティベイト「個人の転職サポートプログラムの無料説明会」を行なっております。詳しくはアクティベイト株式会社HPへ
www.activate.co.jp

キャリアアップやお仕事の相談などのキャリアカウンセリング(有料)のご相談はメールかお電話でお問い合わせください。info@activate.co.jp  03-6450-1364 (担当 星野)

更新情報

コロナ禍になる前から皆さんに何度もお話ししていることがあります。 それは自宅に籠ることの弊害です。 運動不足の話ではなく、顔の表情と話し方の変化です。 もともと疲れ切っていた人は好転したかもしれませんが、多くの人はビジネスマンとしてのあなたの最盛期
『退職者の転職活動に役立つ基本のこと』の画像

既に退職した方の転職活動についてのアドバイスは、私の会社、アクティベイトの転職支援サービスの大変重要でしかも過去効果を上げたものです。 キャリアカウンセリングと具体的な転職に必要な指導とそれらを組み合わせた期間サポートがあります。 基本のアドバイスと
『コロナ禍での転職活動のアドバイス』の画像

会社を退職した人を再雇用する動きが広まっていると1月15日付けの日経新聞に記事が出ました。 米国では、ある企業を退職した人達の言わば卒業生ネットワークがあり、それをアルムナイネットワークと呼んでいるとのことです。 アルムナイとはラテン語を起源とする英語で
『アルムナイネットワーク』の画像

製紙業界に新卒で入社した酒井さん(仮名)は、10年経ち、私のところに転職相談で来られました。 優秀な大学を卒業されて、誰でも名前を知っている大手製紙会社の重要な事業部で将来を嘱望されて仕事をしているようでした。 彼が転職を決意したのは、会社の業績でもな
『積極的に転職する理由』の画像

情報がインプットされ続け、経験が増してくるほど、人がそれに比例して成長することは実はありません。 どんどんその効果は落ちていき、やがて止まってしまっているかに見えるほどになります。 これは私の意見ではなく、証明されている事実です。 企業の中でも同じで、人
『転職者の素晴らしい視点』の画像

あなたはどんな時にハッピーな気持ちになりますか? そこには人生を幸せにする重要なヒントがあります。 一度ちゃんと時間かけてハッピーだったことを思い出してみてください。 せっかくの機会ですから紙に書き出してみると効果的です。 そこでのヒントをお話しします。
『シンプルに自分の好きなことを考える』の画像

二回目の緊急事態宣言により、テレワークの推進がまた話題に登っています。 企業にとっては昨年はじめから続く抜本的な取り組みですが、多くの問題も抱えての運用となっているようです。 ある調査では、約半数以上の人が週の半分以上出勤しており、毎日出社する社員も4
『社員に求められる最重要なこと』の画像

アウトドア衣料店のワークマンは現在880店舗あり、ユニクロと同レベルの店舗数ですが、なんと毎年60店舗のペース出店を加速するとのことです。 しかも女性用のアウトドア衣料を扱う「#ワークマン女子」を900店舗にすると言います。 長期計画では、2040年までに2000
『独立するならワークマンに注目』の画像

虎穴に入らずんば虎子を得ず 皆さん知っていることわざです。 しかし、皆さんは一年に一度でもこのことわざ通りのチャレンジをしていますか? 失敗を恐れて結局は何も変わらない毎日を過ごしている人がたくさんいます。 転職活動がいい例です。 いい社長
『半年経っても転職できない方へ』の画像

自分とは何か? 何を目指しているのか? 何が大事なのか?  何が生きる目的なのか? そしてそれに自分はどう向き合ってきたのか? こうした人生の根本的なことへの問いかけは、転職という人生の節目に気がつくことがあります。 何ができるのか?とか何が得意か?
『転職活動以前の話』の画像

中高年のゼネラリスト不要論がかなり前から言われてきました。 それまで会社を支えてきた社員としての尊厳をいたく傷つけられた人もいると思います。 腹立たしい反面、自分は何をしてきたのかを明確に言えない反省もあります。 ゼネラリストは確かにこれからは
『大事にしていることを研ぎ澄ませ!』の画像

テレワークが拡大している今、大きな仕事の変化が起きています。 それは、日本的な仕事のスタイルと欧米のスタイルを対比すればわかります。 日本的なことは、結果がでなくても残業してプロセスを重視し、ホウレンソウをしっかりやっていれば良いということです。 それに
『仕事を見せる転職者となる』の画像

コロナ禍で、事業の勝ち負けが一時的にはっきりして来ました。 航空業界や旅行関係、飲食などとその裾野の業界が目につきます。 今それらの企業は採用どころかリストラを進めているはずです。 しかし、長い目で見れば今は異常事態です。 今後、採用が再開される
『逆張りの転職の進め方』の画像

私は大学時代に経済学部で景気変動論のゼミでした。 技術革新が起こる50年周期のコンドラチェフの波などを覚えています。 今、日本は以前から言われている15年周期説と、東大の吉見俊哉教授の25年単位説と言われている周期があるそうです。 興味深いのはその双方が
『新しい時代の新しい仕事』の画像

昨年10月の経済財政諮問会議で、企業価値向上に向けて社外取締役の活性化、経営人材の流動化、多様な人材の確保などが提言されました。 菅総理も所信表明でコーポレートガバナンス改革を進めると表明しています。 コーポレートガバナンスという言葉は、日本語では企業
『コーポレートガバナンス貢献人材』の画像

皆さん、新年あけましておめでとうございます。 昨年末からのコロナウイルスの第三波と変異種到来により、今日本経済の先行きは厳しいと言わざるを得ません。 それにより転職市場も一時的に冷え込んでいます。 しかし、求人が無くなる訳ではありません。 企業
『新年のご挨拶』の画像

コロナウイルスの感染が過去最高を更新し続けています。 先日は国会議員が急死したりとこのウィルスへの異常な危機感が薄まることなく、むしろ若者の重症化や後遺症の長期化、深刻さが際立っています。 今年すでに転職市場は大きく落ち込みました。 しかし、それ
『転職において最悪はこれからか?』の画像

政府が強力に進めている脱炭素社会に向けてのグリーン成長戦略は、2030年代半ばまでに軽自動車を含む全ての自動車の新車販売を電動化とするとしています。 一方、東京都は国の目標に先行して2030年までに新車販売に占める比率をEV、PHV、FCV合計で50%としていましたが
『失業時代が来る?』の画像

中高年で転職がうまく行く人はどんな人なのでしょうか? 組織をまとめて実績をあげた人。 が一つの答えです。 しかし、これはとても判断が難しいのです。 期待されてある組織の長に就任しても、結局ほとんど実績を出さなかった方が大変多いのです。
『組織をまとめた経験が活きる!』の画像

面接は今オンラインで行われることも多くなりました。 とは言っても、想定問題集を準備してそれを見ながらというわけには行きません。 そもそも、想定問題集は作らないほうがいいと思います。 ストレートな質問には答えられても、変化球的な予想しなかった質問に
『企業が気にする面接での質問』の画像

転職は全てをリセットできる。 私は転職の大変素晴らしいメリットはこのリセットだと思っています。 今までの会社では、スタートからつまずいたり、途中で失敗して、会社からA評価をもらえなかった人も、転職では最初からやり直しができます。 会社では、一度ミス
『転職で嫌な自分と訣別せよ!』の画像

社員として仕事をすることに二つの大きな意識の違いがあることを知っていますか? この違いがあなたのこれからの人生を根本的に変えてしまうとしたら、今一度この二つのことを真剣に考えても損はありません。 それは、社員として仕事に立ち向かう意識の差です。
『社員としての意識は人生をも変える』の画像

転職でなかなか応募先が見つからないとか、応募はしても連絡が来ないケースは良くあることです。 失業保険給付もいずれは終わりますから、なんとかしないとと焦る気持ちが強くなります。 転職期間も半年も経つと、まず目についた応募先は全てやり尽くしてしまいます
『中高年専門のキャリアカウンセリング』の画像

大企業や中堅企業に勤めていた方の転職先として、今後地方の中小企業は大変魅力的な就職先となります。 過去5年間の内閣府のプロフェッショナル人材戦略と、これからの菅政権の中小企業対策がその後押しとなります。 加えてこのコロナにより、伸びている企業はさらに
『中高年の転職先の見つけ方』の画像

ネットで良く見かける転職サイトには、転職で年収が上がる!とのキャッチフレーズを良く見かけます。 しかし、その情報は疑ってかかった方が無難です。 もちろん年収アップになることもありますが、あれは広告なのです。 私はこの仕事をもう20年携わっていますが
『転職でのキャリアアップとは?』の画像

企業は人材を求めていますが、特に地方の中小企業の場合などは、転職市場を理解しているわけではありません。 つまり、どんな人材がいるのか? その人材は何を求めて転職しているのか? どんな企業なら入りたいのか? などの情報は乏しいと言えます。 転職エ
『転職エージェントの役割(その3)』の画像

希望の会社からの内定通知書で、想定していた年収よりかなり低かった場合は、結構ショックを受けると思います。 面接前に希望年収を伝えているのが普通ですから、それを大きく下回ると企業はこちらの足元を見ているとか、ほんとうは採用したくないのではと考えたくなり
『転職エージェントの役割(その2)』の画像

転職エージェントの役割について、何回かに分けてお話しして行きます。 マネージメント層や専門性の高い方の転職で、ネットの転職情報に応募する場合に、二つの方式があります。 一つは企業が直接社名をオープンにして求人を載せている場合です。 この場合は、企
『転職エージェントの役割(その1)』の画像

面談していると、仕事が好きな人、仕事の中に自己実現を考えている人は、物事を前向きに捉えていると感じます。 仕事で工夫することを当たり前にしています。 上手く行かないと、なんとしても成功させるために試行錯誤します。 これが、職歴書にも現れてきます。
『採用される中高年』の画像

↑このページのトップヘ