今の会社での給与は貴方の会社内での役割や実績や期待からくる評価です。これは転職先の企業でも当然注目します。
しかし、お話ししているように、転職の際にはどうしても世間相場が大きく影響します。どうしてなのでしゃうか?
一つは、企業の人事給与の制度からの額が影響することです。部長の下での募集で部長以上の給与はだせません。ある程度の企業規模ともなれば、特別扱いはしづらく、他の社員が納得する金額であることになります。
二つ目は、今の給与は今の会社での実績であり、当社では果たして同じ実績が出せるのかどうかわからない、と言う企業のリスク回避の考えがあるからです。
中小企業の社長は、この一とニの理由から、「始めは提示した給与からスタートしてもらうが、実績が出たら、給与をアップする」と言う方が結構います。
さらに、営業マンなどは、給与は粗利から捻出するものですので、入社初年度に見込まれる粗利から計算している場合もあります。

中小企業は社員の給与は社長の腹づもりとはなかなか行かないことがあるのがこれでお分かりいただけると思います。

動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏
ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです。

転職・キャリアランキングへ
こちらもぜひお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


29D5E97E-D146-4DE8-B823-A16C083894A7